交通事故を起こさないために
2017.02.02

subimg03多くの人が観光旅行を楽しむ時代になりました。その旅行も昔から比べると大掛かりなことが多く、飛行機を利用しての遠距離への旅が人気にもなっています。その旅行人気に輪をかけているのが、LLCと言う格安飛行機会社の存在があります。この格安料金の旅が出来ることで、行ったことのない土地へ簡単に行ける時代にもなっているのでしょう。そしてその行く先々では、個人旅行が増えているため、レンタカーを利用する人が多くなりました。大型バスでの団体旅行もありますが、個人で気軽に行ける旅に人気が集まっているのが現状ちと言える訳です。この旅行の良さは、なんと言っても気ままな旅が出来ることにあります。バスや電車の旅も良いのですが、知らない人に気を使うことになるなどの心配がないことも、個人旅行を好む傾向になっていると考えられます。時間に追われることなく、自由な行動が出来ることが人気と言えるのでしょう。

このレンタカーを利用する時の一番心配は、やはり交通事故を起こすことではないでしょうか。全く未知の道路を走ることになるのですから、行き先不安と言うこともあり、ついついスピードも上がってしまうこともあります。最近ではナビが付いた車が一般的になっていますが、ナビに夢中になってしまい、運転が疎かになってしまう場合も出て来ます。また、疲労も普段よりは多くなるはずです。まず、自身の車ではなく、運転に慣れていないことがあります。知らない道を走ることで、道路状況を飲み込めず、不安を持っての走行や、そのために疲労を感じることにもなってしまう恐れも出て来ます。

そんな車の運転で大変と考えられるのが、東京都内での運転ではないでしょうか。渋滞だらけの道路な上、たくさんの道が重なりあっていることもあり、ナビを頼りにしても、簡単に行かないのが東京の道路です。万が一、一本道路を間違ったしまうと、元の道路に戻ることが、至難の技になる場合も出て来ます。そのため、一番の心がけは、時間に相当余裕を持って運転すると言うことになります。地方の1キロ進む場合と、東京で1キロ進む時間では、かなりの違いが出て来ることがあると知って運転をすることが大事です。渋滞に巻き込まれても、イライラせず、焦らない運転が事故を起こさない方法の一つになるのでしょう。また、観光地にレンタカーで行くよりは、電車で行く方が良いことがあります。それは駐車場の問題です。駐車場探しで疲れてしまっては、せっかくの旅も台無しになってしまいます。

▲ ページトップへ